ハイヤー運転手に大切なもの

ハイヤーはタクシーと同じ旅客自動車の一種です。タクシーに似ていますが、決定的に異なるのは料金です。


タクシーが距離制の料金をとりますが、ハイヤーは時間制の料金をとります。運行する距離に関わらず、運行した時間によって料金が決まります。

ハイヤーの運転手を知りたいならこちらです。

ハイヤーは高級個別輸送機関とも言われますが、利用するお客様は会社の重役やVIPなどが多いです。
運転手としては、ただ目的地に送迎するだけでなく、運転技術や接客サービスが大切になります。


タクシーのように目的地に送ってそれでおしまい、というわけではありません。


運転技術に関しては、まずは安全に重点が置かれます。


VIPを乗車させていながら事故を起こしてしまったら、信頼をなくすだけでなくケガをさせてしまえば多額の損害賠償を払うことにもなりかねません。
安全を確保するには、安全確認と危険予知です。



周囲の交通の流れをしっかりみて、周りの車の運転手の動きや心をしっかり読んでこちらが行動することが大事です。安全運転に徹するといっても、ただゆっくり走ればいいというわけではありません。


目的地へ早く到着してほしい場合もありますし、キビキビ走ってくれることを好むお客様もいます。

タクシーのように目的地へ送って終わりという仕事ではないため、違反や事故にならない程度にお客様の希望にそった運転をした方がいいかもしれません。

接客サービスでは、ドアは自動ドアではなく、運転手が降りて自分で開けるドアサービスを行います。
これはお客様に安全に降りていただくことを目的にしています。お客様が降りやすい位置に車を停める場所技術と確認作業が大事です。