ハイヤー運転手と利用客の信頼関係

流し営業を基本とし、利用した時間の分だけ料金をもらうタクシー運転手とは異なり、ハイヤー運転手は、完全予約制が基本となっています。

ハイヤーの運転手をご提案いたします。

そのため、営業所から車を出し、送迎の仕事をおこない、ふたたび営業所に車を戻すまでの時間が、すべて料金の対象となり、必然的に割高になります。



そんなハイヤーを利用するのは、会社の役員やVIP、もしくは接待での利用がほとんどであり、そういった方々は一流のサービスに慣れています。
ただ利用客を目的地に運ぶだけでなく、乗っているお客様の様子を常に観察し、心地良く快適な状態で、目的の場所まで安全にお届けするのが仕事になるので、こまやかな心配りが大事になるでしょう。また、ハイヤー運転手は、ひとりのお客様と一緒にいる時間が長いので、じっくりと向かい合って接客することになります。


すると信頼関係が生れることも少なくなく、ふたたび同じお客様から指命が入ることもあります。気に入った運転手は何度でも指名していただけるので、大変なやりがいにつながると思われます。



例えば、ゴルフ場などへの送迎の場合、ほぼ丸一日、同じお客様と過ごすことになります。当然お客様のほうでも、気心の知れた信頼できるドライバーを依頼することになるでしょう。その対象として選ばれるのは、サービスマンとしてとても名誉なことだと思います。

もちろん、信頼を勝ち得るのは簡単ではないでしょう。
運転をしながら、常にお客様の様子をうかがい、気分はどうなのか観察する必要もあります。

難しいスキルだとは思いますが、同じお客様にふたたび指名される喜びは、何にも代え難いものだと思われます。